脱毛お役立ち情報

脱毛の施術前のシェービングについて


脱毛サロンで行われる光脱毛では、ある程度毛が短くないと効果を発揮できません。よって施術前はシェービングを行います。脱毛サロンによってはお金を払えば、プロがシェービングをしてくれるので安心です。背中やうなじは自分の目で確認しづらいので、処理が難しいです。しかしサロンでの肌トラブルを回避するために、剃り残しは避けて光を照射するところもあります。


人気のサロンでもシェービングに関するルールは厳しいので、初めから無料サービスにしているところか、自己処理を完璧にするしかありません。自己処理で特に難しいのが、Iラインです。Iラインは毛が太いですが、肌がデリケートなので刺激の強い方法は危険です。



カミソリよりも顔用の電気シェーバーが適しています。さらにIラインをどのように処理したかで、施術のデザインも左右されます。まずはデザインを決めるために、処理する毛をはさみでカットします。大きなハサミより、眉切りバサミのような細かい作業に使うタイプが良いです。長い毛は電気シェーバーに引っかかるので、できるだけ短くします。


自分が見える場所は、皮膚を伸ばしてゆっくり剃ります。脚の付け根まで剃ったら問題ありません。手鏡を持ちながらの作業は危険なので、体育座りをしてその前に置けば両手が使えます。Iラインの後ろ側は手鏡を跨がるようにすると見えます。Oラインの施術がある人は、その体勢でできる範囲のOラインの毛を剃ります。自分で触ってザラザラでなければシェービングを終わります。


無理に剃ったり肌を引っ張らないと、肌を傷つけて炎症の原因になります。赤みがあると色素沈着を引き起こし、光を当てた時に反応する可能性があるため、施術ができなくなります。毛は2mm以下で施術できるため、自己処理は施術の1日前に行うと良いです。当日の朝にシェービングをすると、肌が敏感になって施術後に肌トラブルが起こることがあるため、半日以上は空けた方が良いです。