脱毛お役立ち情報

脱毛サロンやクリニックでの脱毛方法の種類

脱毛サロンやクリニックでの施術にはいろんな方法があります。代表的なものは次の3つです。「ニードル脱毛」、「フラッシュ脱毛」、「レーザー脱毛」です。それぞれ特徴があります。


その中のひとつ「ニードル脱毛」は、永久脱毛が登場した時の主流の脱毛法でした。今はその他の方法を採用しているサロンが増えてきていて、この「ニードル脱毛」を行っている所は少なくなってきているようです。「ニードル法」は、一般に効果が高く、しかし、痛みが強いとされています。施術の方法は、ニードルと呼ばれる針を毛穴に刺して、電流を流して毛乳頭を壊すことで脱毛をしていきます。この電流を流す時の痛みや熱が苦痛とされていて、クリニックなどの医療機関では局所麻酔をしながらの施術が行われていたりします。贅肉が無い部分、骨の周り等は特に痛みが強く出やすいですし、足のすねの部分、眉毛等は痛みが特に強く感じるようです。


男性の脱毛というと髭の脱毛が多いのですが、この「ニードル脱毛」での施術は顔周り故に特に痛みが強かったのではないでしょうか。「ニードル脱毛」は1本1本毛穴に針を刺して施術をするために、1回あたりに脱毛を出来る範囲が非常に狭いのも特徴です。1本1本ですからとても根気がいる施術と言えるでしょうね。時間と回数そして費用がかなりかかってしまう方法だったのです。しかし、直接毛乳頭に電気を流して破壊しますから、永久脱毛の効果は高いです。


しかし、やはり痛みが強いために、途中で施術を止めてしまう人も多かったこともこの方法が減っていった理由でしょう。そのような事情から「ニードル脱毛」に変わって現在は「フラッシュ脱毛」や「レーザー脱毛」が主流となっているのです。


自分で行う脱毛に関して


脱毛はサロンやクリニックで行うことが理想と言えます。経験豊富なプロのスタッフがキレイにムダ毛を処理してくれます。脱毛後の肌もツルツルになり、施術後の肌ケアもしっかりとしているために、肌は乾燥せずに潤いのある、且つムダ毛のないキレイな状態に仕上げてくれるのです。


しかし、多くの方が、費用面や時間的な面で、サロンには通わずに、ムダ毛を自己処理しているのです。カミソリや毛抜き。または脱毛クリームなどで、手軽に家で脱毛をしているようです。これですと、サロンに通うより断然費用は安いですね。また自分の空いている時間に、行えますから、時間的な制約も何らありませんから、大変に手軽な方法です。しかし、大きなデメリットはあります。それは肌が大変ダメージを受けるということです。


カミソリで処理した箇所は紅く腫れてしまうこともあります。ムダ毛の処理がかえって肌を汚すようなことになりかねません。


脱毛クリームなども、自分に合わないものならば、肌はかぶれてしまったり、腫れてしいまったりしますから注意が必要です。そこでおすすめなのが、家庭用脱毛器です。家電販売店に今、多くの種類のものが並んで売られています。


脱毛器は年々進化してきています。ユーザーの声をもとに改良されているのでしょうね。少々高くても、サロンに通う費用を考えれば、安くつくことでしょう。肌を守りながらの脱毛を念頭に置いて開発されていますから、カミソリや毛抜きなどのような肌トラブルも少ないことでしょう。いろんな脱毛器を比較しながら自分に合うものを選んで購入しましょう。