脱毛お役立ち情報

脱毛に時間がかかる理由は毛周期のせい?


脱毛をしたいとクニックやエステサロンで検討する人も多いですが、コース内容をみると6回コースや無制限などがあり、1回では終わりきらない事に気づきます。実際に契約してみると次回の来店は2ヶ月から3か月後を薦められる事もあり、6回コースの場合でも1年半程度はかかる計算になります。


そもそもなぜ脱毛にはそれほど時間がかかるかというと、毛周期が関係しています。毛周期とは人体の毛にある毛の再生のサイクルの事を指し、成長期と退行期、休止期が繰り返し行われています。成長期に関してはまさに毛根部から毛が成長して生えている時期、退行期は毛の成長が止まり、毛が抜け落ちる時期、休止期においては毛が生えないで次の成長期を待っている状態の事を指します。この中で脱毛に効果的な周期は成長期の時期と言われています。


他の時期に照射しても効果は見込めないという事です。部位によってこの毛周期の期間が異なっており、早い部位でまつ毛などで1か月前後、長い部位に関しては半年もかかります。多くは2ヶ月から3ヶ月周期である事が多く、サロンやクリニックでは2ヶ月もしくは3ヶ月ごとの来店を促しています。


1回の施術で成長期の時期にあたる確率は20パーセントから30パーセントだという事が解ります。つまり1回の施術で処理できる背ムダ毛は20パーセントから30パーセント程で1回では処理できない事が解ります。施術回数を6回程度こなさない限りは成長期の時期の処理が出来ないのでどうしても満足行くまでに脱毛は時間がかかってしまいます。


毛周期に関しては簡単に乱れる事があります。特に生理不順など一定の感覚で生理が来ていない人はホルモンバランスが整っていない事もあり、ホルモンバランスと毛周期は深い関係があるとされています。特に妊娠中はホルモンバランスが乱れやすく、施術を行っても毛周期に添った施術が出来ないとして妊娠期間中の施術をお断りするケースが多いです。